败给村娘的勇者(msize社小说翻译)全网首发

节选一 少女が魔物をなぎ倒してゆく。
少女打倒了魔物。
その见事な肉体を夸るかのように、
仿佛在炫耀自己漂亮的身体一般。
口元にうっすらと笑みさえ浮かべて。
嘴角甚至浮现出淡淡的笑容。

木の阴に隠れて、少年がそれを见ている。
少年躲在树后,看着它。
握りしめているのは剣ではなく、
握着的不是剑,
淫らに勃起した自らの肉棒だった。
那是自己淫荡勃起后的肉棒。

节选二
「あははっ、またチンポ膨らましてるわ。
“啊哈哈,你又在膨胀小鸡鸡了。
后ろから前から忙しいわね、あはははははっ」
从后面到前面都很忙啊,哈哈哈哈哈。”

二人きりの居城でおくる、淫靡な生活。
在只有两个人的居城,过着淫靡的生活。
常に全裸で过ごすことを命じられ、
经常被命令全裸, 本文来自nwxs8.com
一挙一投足はもちろん、大小の排泄まで
一举一动自不必说,就连大大小小的排泄
リタ様の目の前で行わされていた。
在丽塔小姐的眼前进行。

***

「ふぅ、ただいま。勇者でいるのもラクじゃないわね。
“啊,我回来了。做个勇者也不轻松啊。
あっちの王宫は広くって足が疲れちゃったわ」
那个王宫太宽敞了,脚都累坏了。”

世间では慈爱に溢れた女神のようだとすら嗫かれる彼女に
甚至有人说她是一个充满慈爱的女神,
こんな一面があるなどとは、天上の神々ですら想像できていまい。
连天上的众神都无法想象它有这样的一面。

「ほら、ご主人様の足にお帰りなさいませのご挨拶をしなさい」
“你去跟主人的脚打声招呼吧!”
「はぁぁっ……んちゅっ……!」
“哇……哇……哇……”
内容来自nwxs8.com

犬のようにリタ様の足元に飞びつき、
像狗一样扑到丽塔小姐的脚边,
汗の匂いが薫る美しい素足を舐め回す。
舔着散发着汗味的美丽的光脚。
踵から足の指一本一本まで、丁宁に。
从脚后跟到脚趾一根一根,小心翼翼。
そのうち我慢できなくなったのか、カイルは口いっぱいに 过了一会儿,凯尔终于忍不住了,
彼女のつま先を頬张ってじゅぷじゅぷとしゃぶり出してしまった。 我把她的脚尖贴在脸上,用力吮吸。

「うふふっ、本当に足舐めが大好きねぇあなたは。
“呵呵呵,你真的很喜欢舔脚。
こんなことでそこまで兴奋できるなんて
这样的事情竟然能让我兴奋到这种程度
ホント便利な身体だわ、マゾって。あははっ」
真的是很方便的身体啊,被虐。啊哈哈!”
「はぶっ、しゃぶっ、んんっ、ふあぁ、リタ様ぁぁんっ……!」
  • 标签:丽塔(28) 小姐(1424) 快感(854) 肛门(989) 勇者(113) 射精(855) 勃起(205) 魔王(109)

    上一篇:屁股下的大小姐

    下一篇:高贵与低贱女女